1. HOME
  2. FEATUREMODEL
  3. 相沢紗世 SAYO AIZAWA

FEATURE MODEL

Sayo Aizawa


SAYO AIZAWA

前回に引き続き、相沢紗世ちゃんの本音トークをお届けします。お仕事について語ってもらった後は、プライベートの過ごし方や美の秘密など、“素”の紗世ちゃんが感じているコトを語ってもらいました!


自分だけの時間を大切に過ごしてストレスをためないことが My Style


Interview Photo 1
キレイの秘密は?との質問に、「自分の内面を磨くこと」と静かに答える紗世ちゃん。

「プライベートでは、ごくごく普通の時間を大切に過ごすようにしています。例えば、お風呂にゆっくり入ったり、お料理をしたり、大好きなジル&バルと散歩をしたり…。
普通すぎ、って思われるかもしれないけど、忙しい合間のありふれた日常が心のゆとりとなって、内面からキレイになれる気がするんです。実は料理も今まではキライだったんだけど、やり始めたらハマってしまい、今では“私って料理の才能アリ?”なんて思っちゃったりして(笑)。最近の自信作は銀ムツの煮付けかな。お米にもこだわっていて、魚沼産のコシヒカリを取り寄せています。お風呂はゆっくり入る時は2時間くらい。欠かせない入浴剤は資生堂の“シノアドア”がオススメ! 体中の老廃物がスッキリ出て、お風呂から出た後もポカポカなんです。」


モデルとして、女性として、内面を磨けばその結果、外見も美しくなるって信じてる。


Interview Photo 2
「洋服選びで大事にしていることは、ブランドではなく、デザイン重視。着心地のいいものを選ぶようになりました。」

紗世ちゃんを形成するのに欠かせない存在といえば、愛犬のジル&バル。
「家でのんびりバル&ジルと過ごす時間が、本当に幸せでかけがえのない時間ですね。落ち込んだ時や嫌なことがあった時、顔を見るだけで癒される存在。心が癒されると自分にゆとりができて笑顔になれる、コレも私なりの“美”の秘訣です。ViViのモデル仲間の佐田真由美ちゃんや岩堀せりちゃんたちとも、よく愛犬を連れて遊んだりしています。
あとは、本を読んだり映画などのDVDを観たり。考えたり笑ったりすることで、いろんな感性を磨くことができる、そういった時間もすごく大切にしています。
そんな内面磨きが、女性としての美しさにつながれば、って思っています。


SAYO'S DIGI-CAME DIARY !


digi-came photo 1
紗世ちゃんのパワーの源、まずはフレンチブルのバルちゃん。一緒に過ごし始めて3年目になるそうだけど、「ホントにず~っと見てても飽きないくらいカワイイんです_」とベタボレの模様です。
digi-came photo 2
こちらはミニチュア・ダックスフンドのジルちゃん。「ヨチヨチの3ヶ月くらいで飼い始めました。モデル仲間の橋本麗華ちゃんとは、家も近いし、よく一緒に散歩したりしています。」
digi-came photo 3
資生堂「シノアドア」の漢方シリーズ。特にオススメなのが入浴剤で、体の芯から温まって新陳代謝を促進してくれる感じがハッキリわかるんです!お風呂は自分にとって大切な時間なので、そういったこだわりも自然と増えますね~。
digi-came photo 4
お気に入りDVDはお家でリラックスするための必需品。意外!?かもしれませんがお笑いも大好き。今ハマってるのは、アンガールズとダウンタウンの“ガキ使”の罰ゲーム。「声を出して大笑いするのも、ストレス発散になります。」


Profile Photo

相沢紗世
1978年7月24日生まれ。広島県出身。クラリオンガールとしてデビューした後、雑誌『BOAO』や『Style』をはじめ、数多くの女性誌で活躍中。2004年から映画やドラマに出演、活躍の場を広げた。現在は数々のCFにもひっぱりだこの、最も旬なモデルとして注目度うなぎ登りです!


相沢紗世さんのインタビュー第1号いかがでしたか?この続きはmodel-style.net公式携帯サイトにて連載!



Model/Sayo Aizawa
Photographer/Ikuko Tsurumaki
Compositiontext/Miyuki Matsui